毎日丁寧にスキンケアをすれば、乾燥肌を改善することが可能です。乾燥肌に悩む人がスキンケアをする上で大切なことは、これ以上乾燥を進行させるようなケアをすることです。洗顔や化粧品でのスキンケアをしていると思いますが、もしかしたらそのスキンケアが乾燥肌を進行させている可能性があります。ポイントは保湿ケアをすることで、いま一度スキンケアの方法を見直してみましょう。スキンケアの基本は、洗顔にあります。毛穴に皮脂汚れやメイク汚れが詰まり、汚れの油分が酸化すると皮膚を傷めるからです。けれども、肌の保湿力を保つには、分泌されている皮脂に含まれてる油分は必要であり、洗いすぎは禁物です。乾燥肌の進行を抑えるためには、洗顔は優しく行うことがポイントです。ゴシゴシ洗うと肌の水分蒸発を防いでいるバリア機能が低下をするので、肌をこすらないように洗いましょう。長時間の洗顔は必要な潤いを失う原因になるので、洗顔は1分以内で終えるようにします。すすぎに使用するお湯の温度が高いと、肌に存在する潤い保持成分が洗い流されてしまうので、すすぎには35℃程度のぬるま湯を使用します。顔を洗った後は乾燥対策にスキンケアを施します。もしも乾燥が気になるなら、含有油分が多めのクリームをつけるようにしてください。皮膚に負荷がかかると、特に乾燥肌は肌トラブルを悪化させやすいので、優しく扱うようにしましょう。顔汗制汗剤サラフェの効果は本当なのか実際に試してみた